top of page

天皇杯JFA第104回全日本サッカー選手権大会 2回戦 マッチレポート



◇日程

2024年6月12日(水)

18:30 KICKOFF(45分ハーフ)


◇試合

JAPANサッカーカレッジ VS 名古屋グランパス


◇会場

豊田スタジアム


◇結果

前半 0-0

後半 1-0

合計 1-0


◇得点者

後半6分 上元直樹


 

◇金子俊也監督の名古屋グランパス戦後コメント


・日本サッカー界の歴史に刻む勝利でしたが、その試合を振り返っていかがでしょうか?

選手たちが、すごいことを達成したと実感しました。また、多くの学生や卒業生たちが会場に足を運んでくれたり、ライブ配信でいろんな人たちが観てくれたりと注目された試合で勝てたので良かったです。


・セットプレーの流れから先制点を決め、JAPANサッカーカレッジの強みがJクラブ相手でも脅威となる武器になっていることが印象的でした。セットプレーやその流れから得点を量産できる秘訣は何でしょうか?

セットプレーはチームとして決められたことがありますし、セットプレーのデザインをしているのは基本的に小川キーパーコーチです。セットプレーの練習でしっかり身になっているからこそ、強みを試合で出せていると思います。

ゲームプランとしても早く相手陣地に入り込んでゴールに近いところでセットプレーでチャンスを作りたいと思っていました。その通りにチャンスを作り、ゴールを決めることができたので良かったです。


愛知県には多くの学生やサポーターが会場に足を運んでいましたが、どのように感じましたでしょうか?

本当にありがたかったですし、パワーをもらいました。またすごく良い雰囲気の中で後押ししてくれたことを感じながら試合をしていたので、本当に応援のおかげで勝てたと思います。


・3回戦の相手がJ2のレノファ山口FCに決まりましたが、意気込みをお願いします。

カテゴリーは関係ないと思いますし、J1のクラブに勝ったから次も勝てるとは思っていないので、しっかり勝利できる準備をして挑みたいと思います。また私たちはきつい日程で天皇杯の試合が入ってくるので、チームのコンディションも含めて調子を上げていきたいと思います。





◇篠田翔太選手の名古屋グランパス戦後コメント


日本サッカー界の歴史に刻む勝利でしたが、その試合を振り返っていかがでしょうか?

選手たちが120%以上の力を出せた結果が勝利につながったと思います。


・2人の選手の競り合いに勝ち、クロスボールを上げアシストを達成しましたが、アシストを振り返っていかがでしょうか?

ルーズボールになった時に自分たちのボールにするという気持ちは相手より強かったと思います。球際の勝負は自分の得意なプレーだったので自分たちのボールにできて良かったです。クロスを上げる時には中にいる直樹(上元選手)が見えたのでキーパーとディフェンスの間にクロスボールを入れました。


・3回戦の相手はJ2のレノファ山口に決まりましたが、意気込みをお願いします。

J1のクラブに勝って次はJ2のクラブとはいえ、自分たちよりもカテゴリーが上のことには間違いありません。またチャレンジャーとして1か月しっかり準備して、みんなで最高の景色を見れるように頑張りたいと思います。


 

◇試合告知


・NEXT MATCH

▼第60回全国社会人サッカー選手権大会 新潟県決勝大会 決勝

日時:6月16日(日) 10:30 KICKOFF

相手:新潟医療福祉大学FC

会場:新潟聖籠スポーツセンターアルビレッジ


・リーグ戦の試合情報

▼北信越フットボールリーグ1部 第6節

日時:6月23日(日) 14:00 KICKOFF

相手:富山新庄クラブ

会場:JAPANサッカーカレッジグラウンド



閲覧数:720回

Comments


bottom of page