top of page

しばた・かがふぇす ボランティア参加

今回は、しばた・かがふぇすでJAPANサッカーカレッジブースを出させていただきましたのでお伝えしたいと思います。



「しばた・かがふぇす」とは

新発田藩初代藩主 溝口秀勝候と加賀大聖寺の歴史的な縁により、平成3年に新発田市と石川県加賀市は友好都市協定を締結しました。同協定の締結30周年を記念して開催されたイベントです。イベント当日には子ども連れの方々が多く見受けられ、とても賑わっていました。そして子どもたちのダンス、太鼓、書道等の発表も行われていてとても活気に溢れていました。