試合日テンプレ2.png
試合日テンプレ3.png
試合日テンプレ5.png
試合日テンプレ1.png
試合日テンプレ4.png
試合日テンプレ3.jpg
試合日テンプレ4.jpg
試合日テンプレ2.jpg
HP試合日.jpg
IMG_7735_edited.jpg

5/23[Sun]

 
 
 
 

JAPANサッカーカレッジレディース

​新潟医療福祉大学女子サッカー部

2021北信越女子サッカーリーグ1部 第7節

試合結果

19:00

2 - 1

前半

​後半

0

2

0

1

CUPS%E3%83%AD%E3%82%B3%E3%82%99_edited.p
7BA3E502-5B99-4BA9-9B55-A3FFF102905D_edi
後半19分
FW26 木村 華恋
後半20分
FW9 北沢 明未
後半31分
FW11 砂川 莉里佳

​JAPANサッカーカレッジレディース

新潟医療福祉大学女子サッカー部

​スターティングメンバー

​GK

DF

DF

DF

DF

MF

MF

FW

FW

FW

FW

17

​2

4

4

5

6

14

9

12

13

18

​GK

41

DF

13

DF

16

DF

24

MF

4

MF

5

MF

10

MF

14

MF

15

MF

10

FW

26

​清水 美来

​鈴木 優心

​大井 花鈴

​北村 京香

​大貫 楓夏

​面来 佑夏

​森田 心

​北沢 明未

​岩田 こむぎ

​伊藤 凜莉

​坂 ふみか

​大久保 つくし

​谷口 愛奈

​佐々木 美悠

​森口 莉子

​豊村 文香

​唐橋 万結

​木川 胡桃

​佐藤 茉由

​薬師 愛美

​木村 華恋

​塚本 奈緒

​GK

DF

DF

1

2

18

​サブ

​GK

1

11

​土屋  咲綺

DF

MF

FW

峰岡 穂華

​柚留木 咲希

​砂川 莉里佳

​山田 二千華

​高山 菜々香

​岩田 亜弥

​白井 ひめ乃

23

20

MF

7

​村上 奈央

MF

8

​中尾 菜摘

FW

19

​牛尾 静里

MF

27

75分 17 薬師愛美 → 8 村上奈央

​交代

HT 17 清水美来→1 土屋咲綺

58分 10 唐橋万結 → 7 白井ひめ乃

69分 18 坂ふみか→11 砂川莉里佳

​スタッツ

前半

後半

後半

前半

1

4

1

0

0

0

0

0

5

5

2

1

1

0

0

0

6

9

3

1

1

0

0

0

13

7

4

3

1

0

0

0

​シュート

​ゴールキック

​コーナーキック

​直接・間接フリーキック

​オフサイド

​PK

​イエローカード

​レッドカード

9

4

5

2

2

2

2

1

0

1

0

0

0

0

0

0

​試合環境

​天候

​晴れ

​主審

​稲田 智成

​副審

​田中 貴幸

​副審

​古都 智

​第4審

​岡田 佳祐

試合後インタビュー

​繁田 真名美 監督

S__45211654.jpg

Q今節を振り返って

勝てたのは良かったが、試合全体を通しても相手を怖がってしまい選手たちの心持ちなどの弱さが出てしまったのではないかと思う。もっと、強気に「自分たちのサッカー」をするところからスタートする必要があると思う。

Q.新しいサッカーは取り組めたのか?

後半に関しては、選手たち自身のいいところが出たともうし今やりたい事としては少しだけ表現できたと思う。自分たちから何かを起こし「自分たちのサッカー」をするという面ではできなかったと思う。

​Q.次節に向けて

対戦相手(福井工業大学付属福井高等学校)が選手たちと年代が近いこともあり絶対に負けたくない。という思いがとても強い。強気にぶつかっていくような試合に出来るように挑んでいきたい。

​砂川 莉里佳 選手

S__45211650.jpg

Q.今節を振り返って

引き分けの中での途中出場だった。誰よりもフレッシュな状態だったのでとにかくチームのために走って引き分けの状態を打開できるように頑張った。

Q.得点シーンを振り返って

自分からはあまりゴールは見えていなかったが、「入れ!」という気持ちで思いっきり右足をふった。うまく、ゴールネットが揺れてくれて嬉しかった。

​Q.次節に向けて

今回守備の面ではなかなかうまくできなくてもっとチームのためにできることがあると思った。次節は、出場時間を伸ばすことを目標にしつつできなかったところを改善してできるようにしたい。

大貫 楓夏 選手

S__45211653_0.jpg

Q.今節を振り返って

前半は、うまく試合に慣れることができず攻め込まれている状態になってしまったが、後半はハーフタイムの時に監督がくれた言葉をきっかけにチームのスイッチが改めて入り勝つことができたと思う。

Q.チームのみんなに多く声をかけていたが意識して取り組んだことは?

センターバックとして、チームを支えられるように声をかけて落ち着かせられるようにたくさん声を出した。

Q.次節に向けて

今節は自分のミスで失点してしまったので、次は自分が勝利に貢献できるように頑張りたい。

MATCH REPORT

 リーグ戦負け無しで迎えるJAPANサッカーカレッジレディース(以下JSCL)。新しい戦法と「総力戦」を掲げ、新潟医療福祉大学女子サッカー部に挑んだ。

 試合開始してから、前半は防戦一方。ボールをことごとく拾われ、なかなか自分たちのサッカーが出せない。何とか持ち出すことに成功するものの、攻撃の芽を摘まれピンチに。

 新潟医療福祉大学女子サッカー部は、コートを広く使いボールを綺麗に回していくが、JSCLのGK清水美来を中心とする守備陣の固い守りにより、最後のところで決めきれない状態が続く。JSCLは前半のシュート数が1で終わったが無失点で前半を凌ぐ。

 後半、開始早々から様変わりしたようにゲームが変わる。ハーフタイムの繁田監督の言葉がきっかけとなり一目見て分かるほど、JSCLの戦う姿勢が変わった。 

 JSCLは後半早々からチャンスを作るが、後半19分、新潟医療福祉大学女子サッカー部のFW26木村華恋に決められてしまう。それでも、顔を落とさず諦めなかったJSCL。20分にFW18坂ふみかに変わってFW11砂川莉里佳を投入。すると直後の21分、FW21北沢明未がゴールを揺らす。

 そして後半33分。先程途中出場で投入されたばかりのFW11砂川莉里佳が逆転ゴールを沈める。試合はこのまま終了。途中出場の砂川の活躍もあり、手堅く勝ち点3をゲット。
JSCLはリーグ戦無傷の3連勝を成し遂げた。

MATCH PHOTOS

​SNS

アセット 1.png
アセット 3.png
アセット 7.png
アセット 6.png
アセット 4.png

PLATINAM PARTNER

土屋 咲綺 選手

S__45211652_0.jpg

Q.今節を振り返って

前半は思うようなサッカーができていなかったが、後半は自分たちらしいサッカーを意識してプレーしていた。

Q.意識して取り組んだことは?

浮いたボールやロングボールなどのセカンドボールがとれなかったのが負けた原因かと思う。

Q.次節に向けて

次節は自分たちらしい、いいサッカーで​前半から得点して勝てるような試合にしたい。

アセット 1.png
アセット 4.png
アセット 2.png
さくま.png