第48回HFL_220828_C聖籠_Nスタ.jpg
091118AE-7FB0-4126-92ED-981DF72CB389.jpg

8/28[Sun]

 
 
 

​北信越フットボールリーグ2部第11節

試合結果

13:00

VS

CUPS聖籠

​エヌスタイル

​公式記録

試合後インタビュー

常藤 龍真選手

スクリーンショット (150).png

Q.惜しくも引き分けとなってしまいましたが、今日の試合を振り返っていかがですか?
前半0-0でしっかりスタートのメンバーが抑えてくれて、後半立ち上がり自分たちが入って3人交代したんですけど、3人がしっかり流れを変えれるように仕掛けることができましたが、フィニッシュの部分で突破しても決めきれないところがあったので練習でしっかり突き詰めて、ゴールで終われるようにしたいです。
Q.後半出場してからドリブルで果敢に攻める場面を多く見受けられましたが、ドリブルでの仕掛けは自分の持ち味だと思いますか?
自分はスピードのあるドリブルと縦突破が持ち味だと思うので、それを後半に相手と1対1の状況で仕掛けることが出来たので、そこは良かったと思います。
Q.来週のFCマツセロナ戦は最後のアウェーの試合ですが、そちらに向けて一言お願いします。
最後のフィニッシュの部分で0点という結果になってしまったので、次節は決めきれるよう頑張ります。

田中 泰裕監督

スクリーンショット (149).png

Q.今日の試合を振り返っていかがでしょうか?
お互い決めきるチャンスはあったが、そこを決めきれなかったという点に尽きるかなと思います。
Q.後半戦に入って2勝2分けと無敗が続いてるが、好調の要因は?
選手たちの中でやることがしっかり整理されてきたということ、試合の強度、フィジカル的なところが改善されてきたこと、特に走りきるところは徹底されてきているので、それが結果についてきているのかなと思います。
Q.来週FCマツセロナとのアウェーでの試合がありますが、そちらに向けて一言お願いします。
基本的にやることはあまり変わらないですが、もう1回しっかり相手に対してやるべきことを整理して、1週間準備して臨みたいなと思います。

MATCH REPORT

 第5節以来のホーム戦を迎えたCUPS聖籠。後期日程が始まってから2勝2敗と好調で今節も勝利に期待がかかる。
 試合は序盤からどちらも激しい攻防戦を繰り広げる。エヌスタイルのゴール前に迫るもチャンスを掴むも得点を決めることができなかった。また、エヌスタイルにチャンスを与えるも、チームの守護神亀山龍平選手のファインセーブでチームを救い0点で抑えた。

 終盤は、CUPS聖籠がチャンスを多く作り出す場面が増えたが、あと一歩を決めることができず、0-0で試合が終了した。

次節は、アウェイでFCマツセロナと対戦する。前期は、ホームで1-2で惜しくも負けを喫したがその借りを返せるか注目だ。

MATCH PHOTOS

​SNS

アセット 1.png
アセット 3.png
アセット 7.png
アセット 6.png
アセット 4.png

PLATINAM PARTNER

アセット 1.png
アセット 2.png